広野 大士(ひろの だいし)

広野大士

活動報告:その他の記事

支え合う富山市の実現に向けて

いよいよ明日が富山市議会議員選挙の投票日です。

私の政策スローガンは「支え合う富山市を!!」

1人の力では乗り越えられない地域の課題をオール富山市で乗り越えて行こう!
そのためには富山市民が活躍する場を増やし、また主体となる富山市民自体を増やしていかねばなりません。
それを実現するための様々な支援を行なっていきたいと考えています。

身近な医療、産業の連携強化を!!

現在の新型コロナウイルスに打ち勝つためにも、高齢化社会をうまく回して行くためにも医療、介護、福祉の分野への助成、各種産業との連携強化を図ります。

若者の地域定着を!!

魅力のある富山市にすることで若者の地域定着を図ります。
地域産業を強化し雇用を創出するとともに、空き家対策などの過疎化対策を推し進めます。
有能な人材が社会に埋もれることなく子育て支援に力を入れ、女性、高齢者の活躍の場を創出します。

主役は富山市民!!

地域主権をモットーに地域活動を強力に支援し、皆で地域を支える環境を整えます。

是非ともこれら政策の実現のため、皆様のお力添えをお願いします。

富山市の交番襲撃・発砲事件に思う

大変痛ましい事件が起こってしまいました。6月26日、富山市奥田交番で拳銃が奪われ、警官と奥田小学校で警備員が死亡。事件に巻き込まれた方々のご冥福を願い、関係者、現場周辺の方々のご心痛をお察しいたします。

捜査の進展、事件解明が待たれる所ですが、今申し上げられますのは、富山県内を取りまく環境が以前と変わってきた、という事だと思います。今回は治安に対する不安につながる事件が発生しました。

広野大士はかねてより活動中、訴えておりましたが、地方政治の混乱は県民生活と無関係ではありません。地域と行政の連携強化が望まれます。地域の皆さまと共に、広く、地方政治への発信力を高めてまいります。今後ともご指導ご鞭撻をよろしくお願い申し上げます。

自由党富山県連副幹事長 広野大士